川崎のスナックなら当店にお越し下さい。

Marriage

川崎のスナック【ポイントとFAQ】

私たちは川崎でスナックを経営しています。月曜日から土曜日まで営業しており、19時30分から25時まで利用可能です。毎日、たくさんのお客さんが訪れて、楽しくお酒を飲んでいます。お店には可愛い子からキレイな子までが在籍しています。明るく元気な子に接客を受けることで、日頃の嫌なことを忘れられるでしょう。落ち着いた子もいるため、リラックスしてゆったりとした気分でお酒を飲むこともできます。2次会やパーティ会場としての利用も可能であり、いつでも予約を受けつけています。

スナック 川崎

幅広いお酒の種類を用意しているため、どのようなお酒の好みがある人でも満足できるでしょう。ウイスキーやブランデー、焼酎、ワインなどを揃えています。さらに、チャーム類やドリンク類、フード類なども用意しています。出前を注文することもできるため、お好きなものを店内で召し上がっていただけます。お客さんに楽しんでいただけるようにさまざまな工夫をしています。季節ごとにイベントやキャンペーンを開催することもあります。新規の女の子が続々と登場するため、いつまでも楽しめるお店です。川崎で楽しくお酒を飲みたいと考えているならば、ぜひともMarriageにまでお越しになってください。

01スナックとは

夜の街で良く見かけるスナックとは、どんなお店かきちんと理解していない人も多いと思いますが、そもそもお酒を楽しむ場所には違いはありませんが、実はスナックというお店の明確な定義はありません。
分かりやすく説明すると、ママがいてカウンター越しに接客するお店で、ママと含めた従業員とお客さんとの関係性がひとつのポイントです。
お店によってはファーが置いてある場合もありますが、スナックは風俗営業の許可がない「深夜酒類提供飲食店」であるため、お客さんの隣に座ってはいけない決まりがあります。
キャバクラなどでは隣に座る接客が当たり前で、女性の指名制もありますが、スナックでは都心など店舗の家賃が高い場合を除いては、ほぼ時間制ではなく、指名制度もありません。
スナックという言葉はもともと軽食(Snack)に由来していて、軽食を出すスナックバーから発展しスナックになったと言われています。
ちなみに、スナックの軒数が多いのは東京ですが、人口当たりでは大都市から離れた地方の方が多く、第一位は九州の宮崎県となっていて、西高東低の傾向にあります。離島や農村や漁村などにもスナックが多く見られます。

02初めてスナックを利用するときに知っておいた方がいいこと

初めてスナックを利用しようと思っている方も少なくないと思います。これまで何度もスナックを利用している方でも、「スナックとは何?」と尋ねるとその返答に戸惑う人の方が多いことが予想されますが、実はスナックの正式名称は「スナックバー」で、居酒屋やバーと違い独特なルールがいくつか存在しています。
必ずルールを守らなければ利用できないということではありませんが、初めてスナックを利用する際には、楽しい時間を過ごすためにも事前にルールを把握しておくことをおすすめします。基本的には案内されるまでは席に座らないのはスナックのルールで、忙しいときなどはなかなか案内してくれないケースもありますが、我慢して少しの間待ってください。勝手に席に座っていけない理由の一つとしては、すでにあなたが座った席を予約しているお客さんがいる可能性があるからです。

初めてスナックを利用するときに知っておいた方がいいこと

スナックにはカラオケがある場合が多いですが、選曲する場合は他のお客さんが直近で入れた曲は避けるのがルールでありマナーです。
スナックを利用するお客さんの年齢層は比較的高めであるため、それぞれのお店に合わせて紳士的な飲み方をすることもスナックのルールです。

03スナックで楽しく飲むための3つのお悩みを紹介

1.どうしても料金が気になる
何度も同じお店に通っているなら、どの程度飲めばどのくらいの料金になるか大体分かってきますが、はじめてのお店やまだそれほど通っていない場合は会計が気になって楽しく飲めないという方も少なくないと思います。
よほどのことがない限り、会計責任者のママなどに尋ねれば、どのくらいの料金がかかるか教えてくれるので、どうしても料金が気になる方は遠慮しないで相談してみましょう
2.女の子にもてたい
スナックの女の子目当てにお店に通っている方もいると思いますが、女のことにもてないならマナーを守って真摯な飲み方を心掛けましょう。
ただし、お店の女の子を何とかしようなどとは思わないで、あくまでもお客さんという自覚をもって節度をもって接していれば、そのようなお客さんを邪険にするお店はないと思います。
3.セット料金で飲んだ方がいいの?
スナックには〇時間○○円などのセット料金を設定しているところも多いですが、飲む時間や注文するお酒の種類によって通常料金とどちらがお得か変わってきます。
予算があるならその金額を伝えて、その範囲で賄ってもらうのも良い方法です。

04スナックなどの飲み屋と呼ばれるお店の種類を紹介

スナック 川崎

スナックやラウンジやクラブなど、飲み屋と呼ばれるお店はたくさんありますが、それぞれの違いを良く理解できていない方も少なくないと思います。ここでは、飲み屋と呼ばれる主なお店の種類を紹介しています。まずスナックですが、こちらは主に地域密着型で、カウンター越しにお酒と会話を楽しむサービスを提供しているお店のことを指しています。ママと呼ばれるお店の経営者がいて、そこで働く女の子たちも含めてカラオケをはじめとする独自のサービスがあることも特徴です。
キャバクラは、主に若い女性がお客さんの隣に座ってお酒と会話を提供するお店ですが、スナックとキャバクラの中間に位置するのがラウンジです。
スナックのようにカンターでお酒を提供するお店もあれば、ソファーやボックス席を用意して、キャバクラのような雰囲気を味わえるお店もあります。地域によってはキャバクラをラウンジと呼んでいることがあるようです。
クラブは、サービス的にはキャバクラとそれほど変わりませんが、大人の雰囲気を味わうことができるようになっていて、東京であれば銀座や六本木などの品格の高いと言われる地域で営業されているケースが多く見られます。

05横浜・川崎・関内の3ヵ所でスナック経営

横浜、川崎、関内の3ヵ所に店舗を構え、スナック経営を行っています。
その中の関内は横浜の中心エリアで、県庁や市役所などの行政施設が集まっています。
横浜の有名観光スポットである中華街や山下公園やみなとみらいにも近く、横浜ならではの雰囲気のある街並みを楽しめることから、関内自体が横浜有数の観光地となっています。
館内は日本ではじめてバーができた街とも言われていて、関内エリアにはバーやクラブなどが600店舗も営業しています。そのため、夜の街は常に多くの人で賑わっています。
館内にはプロ野球「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地もあり、1988年に日本一に輝いたことを期に、関内の通りの一つが「ベイスターズ通り」になりました。
横浜スタジアムでは野球の試合の他にも、コンサートをはじめとした多くのイベントやアメリカンフットボールなどの試合も開催されていて、その隣には観光地にもなっている横浜公園があります。
ここは日本最古の公園としても有名で、横浜市民の憩いの場所にもなっています。無料でくつろげるベンチも園内にはたくさんあって、美しい緑も満喫できるようになっています。
その他にも関内エリアは「横浜開港資料館」「横浜税関」「横浜市開港記念会館」など見所が満載です。

06スナックで楽しむためにはどのくらいのお金が必要なの?

はじめてスナックに行く場合は、どうしてもどのくらいの飲み代がかかるか気になることだと思いますが、一般的には1万円もあれば十分に楽しむことができるようになっています。
ただし、スナックに限らず高額な料金を請求してくるお店も少なくないので、心配な場合は事前に値段を確認してから入店することをおすすめします。
ほとんどのスナックでは、料金システムとしてチェージ料金、またはセット料金という表記をしています。

スナックで楽しむためにはどのくらいのお金が必要なの?

チャージ料金とは席代のことで、席についた時点で発生しますが、チャージ料金はチャームや割り水や氷代などが含まれていて、そこにお酒代がプラスされます。
セット料金が表示されている場合は、大概は時間制で金額が設定されています。ただし、どちらも曖昧な部分が多いので、やはり直接お店側に確認しておくと安心です。
ボトルをキープする場合は、特にどのお酒を選ぶかが料金に大きく関わってきます。高いお酒を選択すれば当然料金も高額になります。
スナックでは自分が飲むお酒以外にも、スタッフのドリング大がチャージされることも多いので、その点も確認しておくといいでしょう。
また、カラオケを楽しむ場合は、カラオケ代がプラスされますが、相場は1曲200円程度のようです。

07利用するスナックを見極めるための3つのポイントとは

01店内の雰囲気や設備を確認しよう

スナックと言ってもいろいろなお店があり、若い女の子がいるお店もあれば、高齢のスタッフだけしかいないお店もあります。また、カラオケがメインのお店もあれば、バーのようにしっとりとした雰囲気を味わえるお店もあります。
手っ取り早いのは店内を覗くことで、お金を使いたくない場合は入店して気に入らなければ値段交渉をしてすぐ出てくるという手段を使いましょう。

02風俗営業許可や地元飲食組合シールを確認する

誰でもぼったくりをするような悪徳スナックは利用したくないでしょう。それを避けるためには、風俗営業許可や地元飲食組合シールが貼られてかを確認するのが良い方法です。特に、地元飲食組合のシールがあれば、ほぼ安心して利用できます。
悪質なスナックでは一見して怪しいお兄さんが客引きをしていることが多いので、そのようなお店への利用は避けた方が賢明です。

03店構えで判断する

店内に入って確認できなくても、店構えから良いスナックかどうかを見分けることは可能です。
古いお店だとしても、扉や窓を良く見てしっかり掃除されていれば安心感が得られます。
人気店は扉の取っ手をみれば、大勢の人に触られているかが分かるので参考にしてみてください。
お店の前に置かれた花やプランターが整理されているかも、良店かどうかを見分けるポイントになります。

08スナックをはじめて利用するときのお店の選び方

はじめて入るスナックは、ある意味ギャンブル要素が非常に高く、安いと思って入店したのに高額な料金を請求されてしまうのも珍しいことではありません。
特に地元以外のスナックをはじめて利用する場合は、飛び込みで勝負しないで事前にある程度の情報を集めることをおすすめします。
キャバクラやガールズバーなどはお店の前に料金が書かれていたり、インターネットで調べるとホームページがあったりするので情報を集めやすいですが、スナックの場合はそうはいきません。
よほど有名なスナックでなければ、自店のホームページを持っていないと考えて良いと思います。
はじめてスナックを利用するときに気になるのは、料金体系のほかにも、客層やお店の雰囲気やどのようなママやスタッフがいるかですが、それらの情報は近所にあるお店から得るのが有効な手段です。
近所で夜に営業している居酒屋や焼き鳥屋さんなどに尋ねると、おすすめのスナック情報を集めることができる可能性が高いです。
どうしても情報を集められない場合は、直接お店に電話をかけてみて、料金体系を尋ねるのも良い方法です。雰囲気やスタッフの確認は、直接来店してみて、道を尋ねたりするのも良い方法です。

09バーとスナックに関することでよくある相談

バーとスナックに関することでよくある相談

バートとスナックの違いに関する質問や相談を頂戴する機会がよくあります。どちらもお酒を楽しむ酒場ではありますが、呼び方が異なるため、自分はどこで飲んでいるかが分からなくなり、このような質問をしてくるお客様も少なくありません。
バーというのは、簡単に言えばカウンターのある洋風酒場のことです。バーの発祥は16世紀後半のイギリスだと言われていて、お酒や軽食を出すカウンターのことをバーと呼ぶようになったのがそのはじまりです。
バーには、お酒に関する知識を持つバーテンダーがいるのが特徴です。日本にバーが誕生したのは明治時代だと言われています。
実は、スナックもバーの一種であり、バーテンダーがいる場合もありますが、お店の責任者のほとんどが女性である点に違いがあります。
バーとスナックとの大きな違いは、メインで接客するのがバーテンダーではなくママと呼ばれるお店の責任者やその他の女性スタッフたちというところです。
基本的にバーは静かにお酒や食事を楽しむ場で、スナックはお酒や軽食を楽しむ他にも、会話やカラオケを楽しむ賑やかな場というイメージが強いです。

10よく寄せられる3つの質問

質問 飲み放題の場合はどんなお酒でも飲めるの?
回答 スナックでも飲み放題制度を採用しているお店も多いですが、飲み放題だからといっても、料金に含まれているのはハウスボトルなどのお店が指定しているものだけです。
したがって、高級なウイスキーやワインなどがあった場合、それを注文すると別料金になるので注意が必要です。
気になる方は、事前にどこまでのお酒が飲み放題に含まれるか確認しましょう。
質問 女の子の飲み物代はどうなるの?
回答 基本的には、女の子が注文するお酒に関してはお客様が支払うシステムになっています。
そのため、何も考えないで気前よく何でも飲んで良いと言ってしまうと、女の子にもよりますが、高級なお酒を注文して会計が驚くほど高くなってしまうこともあります。
女の子によっては、ウイスキーではなくビールしか飲まないような場合もあります。
質問 料金が高くなるのはなぜ?
回答 表示されていた料金よりも会計の金額が高くなってしまう理由は、そこに税やサービス料が上乗せされていることが考えられます。
また、スナックなどの飲み屋では、決まった料金がないケースが多いため、料金が気になる場合は事前にママなどに確認しておくことをおすすめします。
特にはじめてのお店では、会計時に驚かされることが多いです。

11女性が一人でスナックを利用する際の注意点

POINT 最近ではスナックを一人で利用する女性が増えていて、そのような人たちを「スナック女子」と呼んでいるそうですが、スナックに女性一人で行っても大丈夫なの?と不安に思っている方も少なくないと思います。
女性がわざわざスナックに行くのは、単純にたくさん話やカラオケなどができて楽しいというだけでなく、経験豊富なママに人生相談ができるからなどの理由もあります。
大抵のスナックでは女性一人でも歓迎してくれますが、はじめてだといろいろな心配だと思うので、最初は誰かを誘って二人以上で来店してみるというのも良い方法です。
これから通うスナックを決めるときには、できるだけ人通りが多い場所を選ぶことをおすすめします。
スナックの周りには他にもお酒を提供するお店もたくさんあるケースが多いため、どうしても酔っ払いと道端で遭遇する可能性が高くなります。
正気を失っている酔っ払いも多いので、人通りが少ない場所に女性が一人でいることは好ましくありません。何かあっても多くの人の目につくような場所にあるスナックを選べば安心です。
女性一人でスナックに行くなら、早めの時間がおすすめで、そうすれば危険な人と遭遇する可能性も下げることができます。

12知っているようで知らない夜の世界の業界用語

夜の世界ではいろいろな業界用語が使用されていますが、その中から知っているようで知らない業界用語をいくつか紹介します。
水商売以外にも飲食業界では「一見さん」「一見さんお断り」などという言葉はよく使用されますが、「一見さん」というのは、初めてお店に来店するお客様のことです。
「一見さんお断り」などと入口などに書かれているお店は、誰かの紹介がなければ入ることができない会員制を採用している場合が多いです。
水商売を「あがる」という意味は、結婚や一定の目的を達成したなどのさまざまな理由で、この業界から引退することを指します。お店が閉店になって辞める場合も「あがる」という言葉を使用することもあります。
「オープン」はお店が開店することを指しますが、「オープンラスト」とは、開店から閉店までいること、または働くという意味です。
「キックバック」や「バック」とは、この業界ではキャストの同伴手当やドリンクバックなどの歩合などのことを意味しています。
スナックとは、カウンターがメインのお店のことで、ボックス席があるお店も多いですが、「スタンド」も同じ意味で使われることが多いです。

FAQ一覧

お役立ち情報

スナックは女性一人でも気軽に利用できる? 女性一人でスナックを利用できるかという質問への回答を記載しています。
以前よりも女性でスナックを利用する方が増えていて、人によっていろいろな楽しむ方があることも紹介しているので、ぜひご覧ください。

PageTop